ハーブと薬は違う?

ハーブは薬用植物のことを指すのが一般的ですが、薬とは異なるものです。
野菜と漢方の中間的な位置にあると言っていいでしょう。
ハーブは薬ではないため、効果・効能をうたえませんが、何らかの働きを期待して利用されることが多いです。
ニラはパワー野菜としても知られています。
臭い成分のアリシンは、ニンニクに含まれる臭い成分でもあります。
ミントは和名でハッカと呼ばれています。
ガム、清涼菓子、歯みがき粉などに使用されています。

ハーブの魅力

ハーブというと、臭いのキツイ植物というイメージがあるでしょう。
確かに、人によっては臭いの好き嫌いもあります。
ですが、そのハーブはとても力強く、そして人に対して優しい植物なのです。
身近なところで分かるのが、ミントです。
このミントにも、多くの種類があります。
ペパーミントやスペアミントは、お菓子でもおなじみです。
ガムやアメにタブレットを食べると、気持ちも落ち着きますし、リフレッシュします。
胃の具合が悪い場合は、ミントのタブレットを食べると、治ることもあります。